一般財団法人 日本ビルヂング経営センター | Japan Building Management Institute

第389回 ビル経営研究セミナー『新しく業務に携わる方、ビル賃貸借の法律を体系的に学びたい方対象「ビル賃貸借契約における基本知識と法的留意点について」』2018年6月19日(火)

 

新しく業務に携わる方、ビル賃貸借の法律を体系的に学びたい方対象

 

「ビル賃貸借契約における基本知識と

法的留意点について」

 

海谷・江口・池田法律事務所 弁護士 江口 正夫 氏

 

ビル賃貸借においては多くの実務慣行が確立されていますが、テナントとの間で紛争が生じた場合に、賃貸借契約の基本理論を踏まえてどのように考えるべきなのか。契約書を作成する上で押さえておくべきポイントやトラブルへの対処法について、実際に実務上や判例上での事例を踏まえて、どのように備えるべきかを解説いたします。また、貸ビルオーナー・管理会社が知っておくべき改正民法のビル賃貸借契約への影響についても言及いただきます。

 

《講義項目》

1.ビル賃貸借契約の基礎知識

(1)ビル賃貸借契約に適用される主要な2つの法令
(2)ビル賃貸借契約書と、ビル賃貸借契約に適用される法令との関係
(3)民法・借地借家法等に明文の規定のないビル賃貸借の契約条項
(4)契約条項の分類と強行規定・任意規定の区別

2.賃貸借契約書作成の基本実務について

(1)オフィスビル標準賃貸借契約の主な条項
(2)定期建物賃貸借契約における留意点

3.契約条項の作成における法的留意点について

(1)賃料滞納の場合の適正な法的処理方法
(2)賃料増減請求がなされた場合の法的対応方法
(3)期間内解約の可否と違約金条項の実務
(4)ビル賃貸借契約の解除手続
(5)テナントからの借家権譲渡申入れに対する留意点
(6)ビル賃貸借契約における原状回復と国交省ガイドラインとの関係

4.民法改正に伴うビル賃貸借契約実務への影響について

 

開催日時:平成30年6月19日(火) 午後1時30分~4時30分<開場・午後1時>


会  場:三菱ビル10階「グランド」コンファレンススクエア エムプラス

千代田区丸の内2-5-2(TEL.03-3282-7777)


参 加 費:25,000
円(税込)/人

★日本ビルヂング協会連合会会員、日本ビル経営管理士会会員は、15,000円(税込)/人です(1人10,000円割引)。  

★平成30年度ビル経営管理講座受講生は、20,000円(税込)/人です(1人5,000円割引)。

≪『お支払いのご案内』メールに該当参加費が明記されます≫

※ビル経営管理士(5年ごとの更新)の資格のみでは割引の対象になりませんのでご注意ください。
※本セミナーの受講は、ビル経営管理士の平成30年度更新登録要件に該当いたします。

 

申込方法:以下の『セミナー申込サイト』 からお申し込み下さい。
     ※申込受付システムのリニューアルに伴い、今回からお申し込み方法が変わります。
      こちらのお知らせもご覧ください。


(1)セミナー申込サイトの申込画面でセミナーのお申し込み情報を登録してください。
(2)
お申し込み情報の登録後、当センターで確認手続きを行った後に送信されるメール
   「お支払いのご案内」に該当参加費が明記されます。
   メールの案内に従って、セミナー申込サイトのマイページから支払方法(銀行振込
   ・クレジットカード・ネットバンキング・ATM)を選択して、 支払手続きを行って
   ください。
(3)
支払手続完了後に、「参加証」をメールでお送りいたします。

 

←お申込はこちらよりお願いいたします 

 

←こちらより第389回セミナーのチラシをダウンロードいただけます。


講師プロフィール:

江口 正夫 氏
海谷・江口・池田法律事務所 弁護士

【略歴】

1952年 広島生まれ
東京大学法学部卒業 弁護士(東京弁護士会所属)日本弁護士連合会代議員、東京弁護士会常議員、民事訴訟法改正問題特別委員会副委員長、(旧)建設省委託貸家業務合理化方策検討委員会委員、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会理事

【最近の主な著書(共著)】

「現代裁判法体系・不動産売買」(共著・新日本法規出版)「借地借家契約 特約・禁止条項集」「これで解決!困った老朽貸家・貸地問題~貸家・貸地をめぐる法律と税金」(共著・清文社)「不動産取引と消費者契約法」(著・にじゅういち出版)「トラブル回避!事業用借地契約書のつくり方」(共著・清文社)「不動産賃貸管理業のコンプライアンス」(著・にじゅういち出版)「中間省略登記に必要な契約実務の解説」(著・にじゅういち出版)「新借地借家法講座・借地編」(共著・日本評論社)等々

 

※セミナー参加者の撮影・録音は厳禁です。あらかじめご了承ください。

 

特定商取引法に関する表記