一般財団法人 日本ビルヂング経営センター | Japan Building Management Institute

西日本ビル経営セミナー 2018年12月14日(金)

開催日時:平成30年12月14日(金) 午後2時00分<開場・午後1時30分>
主催:(一財)日本ビルヂング経営センター・日本ビル経営管理士会

 

「効率的ビル管理&コスト削減の実務ポイント」

~ビル管理業務の精査・最適化と管理コスト改善施策について~

   

 

Shidaインベストメント&マネジメント 代表 信田 直昭 氏

地方圏・主要都市のオフィスビル市場は、2013年以降の5年間に渡り、需給バランス・成約賃料ともに旺盛な回復基調にあります。この背景としては、いわゆるアベノミクスによる景気好循環に加えて、東京五輪開催の追い風、「地方創生(稼げるまちづくり等)」を旗印とした投資資金の地方流入活発化などが指摘できます。一方で、オフィスビルの新規開発は極めて少ない状態が続いています。ビル不足が明白な中、なぜビルの供給が増えないのでしょうか。
この背景には、オフィス賃料が思ったように伸びないのに対し、住宅やホテルを建てた方が主要都市の中心部に限ればオフィスより収益性が見込まれ、企業経営者の多くがオフィスの新規供給に極めて慎重な姿勢を崩していない様子を窺うことができます。このことは、ビル経営における「賃料収入の下値抵抗力」の獲得、いわゆる「コスト削減」が、足元の景気動向には係わらずオフィスビル経営に必要な改善の一環であることを意味しています。
本セミナーでは、このビル管理コストの精査・削減方策に関して、ビル管理業務に対する“現場の素朴な疑問(視点・論点)”を切り口として、ビル管理業務の「改善・効率化」方策を考えてみようと思います。


《講義項目》

0.PM業務の構成と基本スキル
1.ビル管理コストの対象範囲と“目安コスト水準”
2.ビル管理コストの精査、削減に向けたステップ
3.ビル管理業務の効率化に関する分野別留意点
4.「効率的ビル管理」導入によるコスト削減事例研究


開催日時:平成30年12月14日(金) 午後2時~4時<開場・午後1時30分>


会  場:全日大阪会館4階会議室(地下鉄谷町線天満橋駅3番出口より徒歩3分)

大阪市中央区谷町1-3-26(TEL.06-6947-0341)

定員:150名(先着順)

参 加 費:無料

 

※お申し込み方法の詳細はこちらをご覧ください。

 

 ※はじめて当センターのWEB申込(申請)サイト*を利用される方は、
 「新規ユーザー登録」からお願いいたします。

 受付は終了いたしました。

 *WEB申込(申請)サイトの詳細はこちら

 


講師略歴

Shidaインベストメント&マネジメント
代表 信田 直昭(しだ なおあき)氏
 
・昭和33年:東京生まれ
・昭和59年:東京工業大学大学院社会開発工学専攻修了
・昭和59年:森ビル株式会社
・平成 元年:住友信託銀行 住信基礎研究所東京研究本部主任研究員
・平成20年:Shidaインベストメント&マネジメント代表
 信田商事(株)取締役 調査企画部門・不動産経営管理部門担当に就任
・平成16年~26年:(一社)不動産証券化協会 教育プログラム推進委員会委員
・平成18年~(公財)日本建築衛生管理教育センター
 「厚生労働大臣登録・統括管理者講習会」教授
・平成19年~24年:アカデミーヒルズ六本木スクール
 「実践・不動産バリューアップシリーズ」統括
・平成23年~明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科兼任講師

 

<主な著書>
・「オンリーワン時代の不動産マネジメントビジネス」
 編著:信田直昭&不動産マネジメントビジネス研究会(住宅新報社)
・「キャッシュフロー時代のビル経営」信田直昭(住宅新報社)
・「オフィス白書2001年のオフィスマーケット」住信基礎研究所編(ぎょうせい)
・「厚生労働大臣登録 統括管理者講習会テキスト」共著
 (公益財団法人日本建築衛生管理教育センター)
・「不動産カウンセリング実務必携」共著(NPO法人日本不動産カウンセラー協会)

 

※セミナー参加者の撮影・録音は厳禁です。あらかじめご了承ください。


※当日はセミナーの写真の撮影をいたします。写真は当センターのWebサイトや機関誌「いしずえ」に掲載等する場合がございます。あらかじめご了承ください。

特定商取引法に関する表記