一般財団法人 日本ビルヂング経営センター | Japan Building Management Institute

ビル経営管理士とは?

「ビル経営管理士」は、日本ビルヂング経営センターが国土交通大臣登録証明事業として行っている公的資格です。

ビル経営に関する企画・立案から賃貸営業および管理・運営にいたるまで、ビル経営管理のスペシャリストとして必要な知識と経験を有する者に与えられる資格です。


本資格は、不動産特定共同事業法の「業務管理者」の要件として位置づけられています。
また、総合不動産投資顧問業登録の人的要件に指定されていることから、金融商品取引法の「不動産関連特定投資運用業」*登録の要件にもなっています。
不動産業の業務が多様化する中、「ビル経営管理士」の重要性はますます高まっています。

 
*「不動産関連特定投資運用業」とは、一定の投資運用業のうち、不動産信託受益権を投資対象とするもの、又は主として不動産信託受益権に投資を行う組合契約などにもとづく権利を投資対象とするものをいう。

 


■「ビル経営管理士」資格取得の手順

「ビル経営管理士」資格を取得するためには、日本ビルヂング経営センターが毎年実施している「ビル経営管理士」試験を受け、合格することが必要です。
実務経験要件を満たす試験合格者は、登録申請を行うことにより、「ビル経営管理士」の称号が付与されます。
また、登録有効期間は5年間です。5年ごとに更新登録が必要です。

 

 

 

■ ビル経営管理士(CBA)登録者の特典

● セミナー参加特典

○ CBAセミナーへの無料参加

● メンバー専用サイトの利用特典(CBA限定・無料)

○ ビル経営管理に関するニュース閲覧
○ テキストアーカイブ

ビル経営管理に関する資料の閲覧(電子書籍版)

○ 法改正カレンダー

法改正の内容を施行日で確認

● BMIネット・アカデミー(動画配信サイト)の利用特典

○ CBAセミナー動画の無料視聴
○ ビル経営研究セミナー動画の割引視聴(5,000円割引)
○ 新春特別ビル経営セミナー動画の割引視聴(3,000円割引)

 

ビル経営管理のスペシャリスト資格としての「ビル経営管理士」が注目を集めている。
公的資格としての側面を持ち、たいへん実用性の高い資格である。
「ビル経営管理士」の意義と実務上の利点について、行政および学識経験者、ビル経営管理士の方々に伺った。

 

 
 上の画像をクリックすると記事が表示されます

 

【参考資料】
pdficon_large 今、注目される「ビル経営管理士」 
pdficon_large 金融商品取引法の不動産関連特定投資運用業登録要件周知についての国土交通省指示