一般財団法人 日本ビルヂング経営センター | Japan Building Management Institute

第23回CBAセミナー「働き方改革を支える新たなオフィスの選択肢《NewWork》」〜東京急行電鉄(株)が展開するサテライトシェアオフィス事業《NewWork》について〜

※ビル経営管理士《CBA》、日本ビル経営管理士会《JBMS》会員限定
第23回CBAセミナー開催のご案内

 

「働き方改革を支える

新たなオフィスの選択肢《NewWork》」
東京急行電鉄(株)が展開する

サテライトシェアオフィス事業《NewWork》について〜

 

講師:東京急行電鉄株式会社 経営企画室 NewWork事業プロジェクトリーダー
永塚 慎一 氏

 

■概要

IT技術を活用して自宅などで仕事をする「テレワーク」は、働き方改革や交通機関の混雑緩和につながるとして、政府が普及を後押ししています。
7月24日には、「テレワーク・デイ」と銘打って900社を超える企業や官公庁などが賛同企業として名を連ね、小池都知事も推進する時差Biz(7/117/25)にも260社が参加し、大きな社会現象となっております。
そうした社会情勢を背景に、東急電鉄が法人会員制サテライトシェアオフィスNewWorkを昨年5月からスタートさせました。
このセミナーでは、社内起業家育成制度第一号案件としてスタートしたNewWork事業の立ち上げの経緯や今後の戦略、また本サービスを導入する企業の狙いや実際の利用者の声などを紹介し、本事業がもたらす働き方の変革の効果についても言及します。


■講義項目

●テレワーク導入の背景と基礎知識

・なぜテレワークがブームなのか。
・テレワークとは?
・テレワークがもたらす効果とは?

●NewWorkの事業内容と今後の戦略

・社内起業家育成制度第一号案件《NewWork》立ち上げの経緯
・NewWorkの今後の戦略について
・シェアオフィスとレンタルオフィスの違い

●NewWork利用者の声と働き方改革

・NewWorkの利用シーンや実際の利用者の声
・NewWorkを利用することにより働き方がどう変わるのか?

 

■講師略歴
永塚 慎一

東京急行電鉄株式会社 経営企画室企画部イノベーション推進課
サテライトシェアオフィス事業「NewWork」担当 プロジェクトリーダー

1975年生まれ。
学習院大学経済学部卒業後、1998年住友不動産株式会社入社。
2006年東京急行電鉄株式会社入社。
住宅事業、オフィスビルテナント営業業務を経て、現在は社内起業家育成制度第一号案件「NewWork」事業を推進。

 

■開催日時:平成29年9月12日(火)10:0011:30

※9:30受付開始、10:30受付終了(必ず受付時間内にご来場ください)

 

■会 場:三菱ビル10階 コンファレンススクエア エムプラス 『グランド』

(住所:東京都千代田区丸の内2-5-2/電話:03-3282-7777)    Map

 

■参加費:無料(※BMIネット・アカデミーにて配信予定)

ビル経営管理士《CBA》、日本ビル経営管理士会《JBMS》会員のみが参加できます。
(※今回のセミナーの受講は、ビル経営管理士《CBA》の更新登録要件には該当いたしません)

 

■募集人数:80名(抽選)

受付期間:8月8日(火)〜8月21日(月)
抽選後、8月25日(金)までに参加証をメールにて送信いたします。

 

app_button
 

※当日はセミナーの動画・写真の撮影をいたします。動画は当センターの動画配信サイト「BMIネット・アカデミー」で後日配信する予定です。写真は当センターのWebサイトや機関誌「いしずえ」に掲載等する場合がございます。あらかじめご了承ください。